POWER FOR LIFE,LIKE以上あるいは硝子に咲いた蜃気楼

楠田亜衣奈さんを応援しています

ピザと足湯と高尾山

ご無沙汰しております。

2月頭以来の更新ということでまだ時折寒い日もあるとはいえかなり過ごしやすくなってきましたね。

もう2,3週間もすれば桜の開花時期ですがなんだか今年はお花見ハイキングがしたいなあという気分です。その後足湯で疲れを癒し、かつ温まれたら最高じゃないですか?なんか3月11日あたりからそんな感じです。

 

で、なんとなく調べてみました。ありました。

足湯のあるイタリアンレストラン高尾山ふもとやFUMOTOYA|石窯ナポリピッツァ、上質イタリアンジェラートとドルチェ

高尾山のふもとで足湯につかれてなんとピザまで食べられる。(プルコギや特製マヨソースはつけられなさそう)

 

えみくす学には明るくないですがこぼしたお茶を手で拭いてそれを服で拭いたりサンドイッチ用のパンにマーガリンを塗り広げるのを横着して2枚に折ってやろうとしたり足湯にロングカーディガンをつけてしまったりお便りを括り付けた桜の枝を破壊してしまったりする新田恵海さんを注意する母みと姉みと少しの姑みがないまぜになったような楠田亜衣奈さんの関係性。それでいてお便りに対してさえ容赦なく興味のなさを露わにしていく楠田亜衣奈さんの油断しきった姿勢に実のところ主導権は新田恵海さんにあるのかななどと思わないではいられません。(司会進行だからとかそういう話ではなく)

そうして自由でふんわりとした雰囲気と関係性を押し出してくる進行の中にもどことは言いませんがフェチズムを要所要所で刺してくる構成に感謝と畏怖を覚えました。万歳、つん10つん11買おうな(早口)

 

 

さてみなさんもこの春は高尾山でお花見ハイキングからの足湯を検討してみては?きっと普段の飲み会とはまた違った爽やかな体験ができるのではないでしょうか

レベルアップ!(さんくっすんBIRTHDAY〜レベル28)

楠田亜衣奈さん、お誕生日おめでとうございます。

 

 

Lv28と題されたバースデーイベントは勇者くっすんの登場とともに某RPG風の寸劇仕立てで進行して行きました。

 

OPパート、挿入歌1パート(?)など各歌唱パートにおいて曲選にテーマが感じられるようになっていてそれが全体の世界観を作ってのめり込んでいけるような公演になっていました。

この辺りは本当に曲数が増えた強みだと思います。選択肢は多いに越したことはないのです

 

そしてこのイベントを作ったのはもちろん曲だけではありません。彼女が培った人脈経験目で見たもの聞いたものなどいろいろなことが詰め込まれていました。集大成でありながらこれからの楠田亜衣奈さんの可能性を提示するような、まさにRPGよろしく経験値を貯めてレベルアップして特技を修得して新たな戦術を試すような、そんな公演だったと言えるのではないでしょうか。

 

ライブツアーも発表されましたがそこでもきっと様々な工夫と挑戦が見られると期待しています。まだ使っていない曲もありますしインプット期間も3ヶ月程度ありますからね。

だからくすサポはもちろんまだソロを見たことがない人、ふわっとした雰囲気があまり合わないから来なくなった人、いろいろな人にオススメしたい。絶対に楽しめます。後悔はさせません。一緒に夏ハジメましょう。

 

カレンダーのコイビト リリースイベント1/22

1/22カレンダーのコイビトリリースイベント@ゲーマーズ秋葉原店参加してまいりました。今日は一会場だけなんですね、寂しい?

 

おぼえがき

 

今日は質問コーナーと誕生日抽選のコーナー

 

質問コーナー(順不同抜け漏れあり)

Q.一年で最も好きな月は?

A.(回答者に合わせる形で)10月。秋刀魚のお刺身食べたい。秋は食べ物おいしいよね

Q.来週大阪へ初遠征するのですがおすすめの食事処はありますか?

A.えー、どこだろう(いつもの感じ)

大阪行ったことある人ー、どこがおすすめ?\タコタコキング/じゃあそれ

Q.朝は何を食べましたか?

A.女子力高いの食べたんだよ!チョコ…チップマフィンみたいなの女子力高いでしょ\タカ-イ/嘘っぽいよ!

Q.どんなお酒が好みですか?

A.あなたは?(質問者「ビールとカルーアミルク」)え!?ビールとカルーアって真逆じゃない?私が店員だったら間違ってないかなって思うよ。そうだなあ、ビールはそもそも炭酸が飲めないから苦手だなあ。アサヒスーパードライとかスッキリした感じがいいらしいけど私気が抜けるまで飲めないしもうそれビールじゃないから。サワーとかも全部ダメだし緑茶ハイを飲んでたんだけどそのせいで頭が痛くなるってことに気がついて最近は日本酒を飲んでます。

 

誕生日抽選のコーナー(月の抽選箱と日の抽選箱から一つずつ取り出し一番近い誕生日のサポにプレゼント)

「2月1日だったら私がもらっちゃいますからねー同じ誕生日だったらものまねをしてもらって私の満足度が高い方にあげます」

という暴君並みの号令とともに恐怖の抽選会が始まりました。

1月2日

ピタリ賞なし、逆にしたら2月1日だしわたしってことでいいんじゃない?←好き

つながりが分かりづらくてなかなか決まらず最終的に12月29日の方がニアピン賞となりました

2月22日

ピタリ賞!これ気持ちいいね!とのこと

9月13日(ちょっと違うかも)

こちらは激戦で9月15日、9月14日とまさかのカウントダウンで9月14日の方がニアピン賞になるかと思いきや9月12日の方が登場。ものまね決戦一触即発の雰囲気もなんとかじゃんけんでその場は収まりました。

 

 

細かいところでは今日はやけにスタッフTさんに絡んで行きTさんの前説のいい話を袖からちらちら覗いたり(抽選箱を指して)これ引くの?といちいち進行を聞いたり。仲よさそうで良いですね☺️

 

 

楠田さんもTさんも面白い話しろとかものまねしろとか結構恐ろしい無茶振りしてきますがなんだかんだ最終的にはほとんどやらされないので優しい現場ですね(

 

あっと言う間の二日間でした。

次のイベントはなんとバースデー大阪!まいにち誰かのハッピーデイ♡がBGMでない形で!生で!聴ける機会です!待ちきれないですね〜〜

来週もよろしくお願いします

 

カレンダーのコイビト リリイベ1/21

いよいよ日付変わって先日!からカレンダーのコイビトのリリースイベントが始まりましたね!

 

とりあえず覚えてる限り振り返りつつ……

 

 

アキバソフマップ

 

まず開幕で1曲 カレンダーのコイビト

リリイベ特有のボーカル以外が大きすぎ問題でしたが生歌でもこの曲特有の優しい声音が聴けてフル音源もライブも待ち遠しいなーと

 

各月の曲のイメージも発表なされておりました

2月 バースデーソング C&Rあり
3月 卒業
4月 春の曲
5月 可愛い曲
6月 雨の曲
7月 夏の曲
8月 夏の終わりの曲
9月 失恋の曲
10月(記念日の歌?ってニュアンスだったけれどどういう言及だったか失念)
11月 秘密だそうです
12月 クリスマスの曲
1月 お正月の曲

(テーマまんまでは……っていうのも先入観を与えないためなんでしょうね、そういう頑固なところ、好きです。)

バースデーイベントで歌うので2月曲のC&Rを予習してきてねとのことです、未来予知頑張りましょう

6,8,10月くらいでしきりに「くっすん言ってたな〜ってなるから」とも

割と夏ハジメマシタ☆とタイムリミットサマー!を取り違えがちでしたね

どうでもいいですが私は「!」付き曲が一般に好きです

 

あとは終始乾燥しない?とも言ってましたね(緊張すると気候に触れがち(わかる(よくやる)))

 

ラストにもう一曲、ウェルカム・フューチャー

やっぱり一回ライブでやってると歌う側も聞く側もちょっと違うなあとノリノリでクラップしながら思っておりました

いわゆる"接近戦"は面白い話をしてね!と再三の念押しをして退場なさって行きました。面白い話はできませんでした。でもやっぱり目の前でサイン書いてもらえるのは嬉しいものだなあと思いました。(小並感

 

 

 

とらのあな秋葉原

こちらはミニライブなし、代わりに質問のコーナーと新しい試みコイビトに向けた俳句のコーナーがありました。

 

質問のコーナー

Q.1年365日の中で好きな日は?

A.(質問者と合わせる形で)誕生日の2/1

Q.曲をとった順番は?

A.最初はAnniversary、最後はロールロールロール!(自信なし)、2番目が夏ハジメマシタ☆と見せかけてタイムリミットサマー!、夏ハジメマシタ☆は9番目くらいだとかなんとか

Q.薔薇以外で好きな花は?

A.なんで薔薇だめなの?…じゃあカスミソウ。アゲラジ団員集会のフラスタのカスミソウも一輪持って帰ったとか

 

俳句のコーナー(事前に参加者から上の句、中の句、下の句に分けて集めたコイビトへの俳句を順に抽選箱から引いていき俳句を作るコーナー)

一句目から字余り字足らずを引き当てていき、案の定というべきかお気に召す句はできず最終的に別の俳句の上の句を下の句とすげ替えるという荒業にでておられました。けど楽しそうだったし実際面白かったので是非またラジオででもやってほしいですね

 

 

ミュ〜コミ+プラス

いやーやばかったっすねー

え?何がってミュ〜コミ+プラスですよ今日のミュ〜コミ+プラス。スタッフ公式も荒ぶっていらっしゃいましたね

やっぱり変態音響監督なんだよなあ

 

別に特別Sっ気があった方が好きということはないのですが刺されてからかわれてひれ伏したいですね。クビになる曲が楽しみです。

実際のところ久しぶりにこういった企画で真剣に演技するところを拝見できた気がするのでなんだかとっても満足度の高いコーナーだったと思います。

 

楠田さんがご自身で作曲なさったというspring heartに関する言及もありましたがまだ思考がまとまらないので余裕があったら書きますね。

 

 

そんなこんなで気がつけばカレンダーの上ではもうリリイベが明日に迫っています。きっとミニライブではカレンダーのコイビト(曲)も歌うことでしょうし急に発売間近って実感が湧いてきました。

また新しい"声"が出てきたのでじっくりカレンダーのコイビト(曲)を聴くのもカレンダーのコイビト(アルバム)の他の収録曲を聴くのも本当に楽しみです。

A HAPPY NEW YEAR!

2017年も楠田亜衣奈さんを追いかけて行くにあたって思考整理がてらブログを始めました。

負担にならない程度にイベントの感想など書いていこうと思っています。

 

第1回目となる今回は西暦で言えば新年を迎えてしまいましたが楠田亜衣奈暦に照らせば1年は2/1に始まるので楠田亜衣奈暦27年の振り返りをやっていきたいと思います。

 

 

今年という1年は2ndアルバムと1stライブツアーの発表から始まりました。

当時ド早計にもアーティスト活動の先を案じていた私には何よりも欲しかった発表で本当に嬉しくて良い1年になると確信できた瞬間です。

そして実際にこの1年は躍進の年であったし私自身もうあの頃の不安な気持ちは思い出せなくなっているくらいです。

カレンダーのコイビトが楽しみという気持ち100%で迎えられるのもこの1年あってのことでしょう。

 

ライブツアーともうひとつ、忘れてはいけないのがさんくっすん祭りですね。結構イベント内容が事前では伏せ目でどんなイベントになることだろうとあまりわからないまま参加しましたがまさかまさかの朗読劇!キャラソンコーナーのラインナップも相まってこのイベントは楠田亜衣奈さんの"収穫祭"の側面を持っていたように思います。願わくばより多くの実りを収穫できる日が訪れんことを。

 

 

さくっとですがこんな感じで筆を置きます。

次は2/1までにスタンスを文字で固めたいなと思います。

 

あでゅ